五代庵のこだわり

梅の豆知識 あなたが知らない梅の豆知識

普段何気なく食べている梅干し、昔から健康食品として親しまれてきた梅干し、そんな梅に関するマメ知識をご紹介します。


梅のルーツ

梅は遣唐使の時代(630年~894年)中国から日本に伝来したと言われています。
当時は烏梅といわれ、果実よりも梅酢が食薬として珍重されていたそうです。

食用としてだけでなく観賞用としても、
梅が古くから日本人に親しまれていたことが、
梅に関する多くの詩歌からうかがい知ることができます。
現在、日本で栽培される梅の種類は花梅で300種以上、
実梅で20種以上になります。


一目百万、香り十里

江戸時代、紀州徳川家5代藩主 吉宗、紀州田辺藩家老職 安藤帯刀により、
梅の栽培が奨励され、 田辺、南部地方では梅の栽培が盛んになったそうです。
時は流れ、明治維新以降、相次ぐ戦争により、梅は食薬を兼ねた食料物資と
して需要が伸び、 急速に栽培が増加しました。

今日、当地方では、「一目百万、香り十里」と言われるほどの
梅の栽培が行われています。


紀州南高梅(きしゅうなんこううめ)

栽培されていた梅のほとんどが小粒だった昭和初期、
もっとよい品種の梅に改良したいと考えた
小山貞一(当社取締役 東アキ子[社長婦人]の実父)が、
高田貞楠により栽培されていたひときわ豊かに実り、大粒で美しい紅のかかる
優良種「高田梅」 の穂木を譲り受け大切に栽培を続けていました。

昭和26年、梅優良母樹調査選定委員会が結成され、
高田梅は最優良品種との評価を得、 選定委員会委員長の南部高校教諭 
竹中勝太郎の提案により、南部の高田梅、そして、 南部高校の略称である
南高」にちなみ「南高梅」と命名され、農林種苗登録されたのです。

現在、南高梅は、みなべ町全域で栽培され、
全国的に優秀性が認められています。 表面に紅がかかる大きな果実は、
梅干にすると果肉が厚く、皮が薄い最上級品に仕上がります。


梅には有機酸やミネラルが含まれています

梅にはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれています。
クエン酸は体内でエネルギーを作っているクエン酸サイクルで重要な働きを
しています。 そして、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラルが含まれている
梅は、酸っぱいので酸性と思われがちですが、
じつはアルカリ性食品です。


好文木について(こうぶんぼく)[梅の別称]

梅のことは別名「好文木」といわれています。
十訓抄に「学問に励むと梅の花が咲き、怠ると花が咲かなかった」とあり、
学問と梅の関わり、そして菅公を祭る天満宮との関わりは深いものがあります。
梅の種(核)を「天神さま」というのもそのあらわれともいえます。
荒れている世相だからこそ、しっかり梅を食べて平穏無事を願いながら、
賢くふるまえる日本を取り戻したいですね。

春のキャンペーンにつき
3,240円以上お買い上げで

全国送料無料

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日


定休日のみメールの返信・商品の発送・お電話での対応をお休みさせて頂いております。

ページトップへ