冬のキャンペーン開催中
会員登録無料 新規会員登録で今すぐ使える300ptプレゼント

会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__

五代庵のこだわり

梅の豆知識 あなたが知らない梅の豆知識

普段何気なく食べている梅干し、昔から健康食品として親しまれてきた梅干し、そんな梅に関するマメ知識をご紹介します。


梅のルーツ

梅は遣唐使の時代(630年~894年)中国から日本に伝来したと言われています。
当時は烏梅といわれ、果実よりも梅酢が食薬として珍重されていたそうです。

食用としてだけでなく観賞用としても、
梅が古くから日本人に親しまれていたことが、
梅に関する多くの詩歌からうかがい知ることができます。
現在、日本で栽培される梅の種類は花梅で300種以上、
実梅で20種以上になります。


一目百万、香り十里

江戸時代、紀州徳川家5代藩主 吉宗、紀州田辺藩家老職 安藤帯刀により、
梅の栽培が奨励され、 田辺、南部地方では梅の栽培が盛んになったそうです。
時は流れ、明治維新以降、相次ぐ戦争により、梅は食薬を兼ねた食料物資と
して需要が伸び、 急速に栽培が増加しました。

今日、当地方では、「一目百万、香り十里」と言われるほどの
梅の栽培が行われています。


紀州南高梅(きしゅうなんこううめ)

栽培されていた梅のほとんどが小粒だった昭和初期、
もっとよい品種の梅に改良したいと考えた
小山貞一(当社取締役 東アキ子[社長婦人]の実父)が、
高田貞楠により栽培されていたひときわ豊かに実り、大粒で美しい紅のかかる
優良種「高田梅」 の穂木を譲り受け大切に栽培を続けていました。

昭和26年、梅優良母樹調査選定委員会が結成され、
高田梅は最優良品種との評価を得、 選定委員会委員長の南部高校教諭 
竹中勝太郎の提案により、南部の高田梅、そして、 南部高校の略称である
南高」にちなみ「南高梅」と命名され、農林種苗登録されたのです。

現在、南高梅は、みなべ町全域で栽培され、
全国的に優秀性が認められています。 表面に紅がかかる大きな果実は、
梅干にすると果肉が厚く、皮が薄い最上級品に仕上がります。


梅には有機酸やミネラルが含まれています

梅にはクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれています。
クエン酸は体内でエネルギーを作っているクエン酸サイクルで重要な働きを
しています。 そして、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラルが含まれている
梅は、酸っぱいので酸性と思われがちですが、
じつはアルカリ性食品です。


好文木について(こうぶんぼく)[梅の別称]

梅のことは別名「好文木」といわれています。
十訓抄に「学問に励むと梅の花が咲き、怠ると花が咲かなかった」とあり、
学問と梅の関わり、そして菅公を祭る天満宮との関わりは深いものがあります。
梅の種(核)を「天神さま」というのもそのあらわれともいえます。
荒れている世相だからこそ、しっかり梅を食べて平穏無事を願いながら、
賢くふるまえる日本を取り戻したいですね。

五代庵のこだわり


紀州南高梅とは

ほとんどがゆるやかな丘陵地帯で占められた和歌山県日高郡みなべ町で 昭和20年代に誕生した南高梅。
「南高梅」と命名されたのは昭和40年代に入ってからですが、 たった1本の母樹から接木で増やされ、町内にひろめられました。
同じ南高梅同士だと交配せず、実を結ぶことができないため、 受粉をミツバチに託します。
梅畑のあちこちに置かれた蜂箱へ蜜を運ぶミツバチが、 花から花へ飛び回りながら受粉を行う2月下旬。
そして梅の花が散る頃には小さな梅の実がぶら下がります。
暖かい日差しを浴びながら、梅の実が日一日と大きく成長する3月~5月。
6月になり、大きく育った梅の実がたくさんついた枝は、 その重さで垂れ下がるようになります。いよいよ収穫です。
山腹の斜面にネットを張り、桃のような香りに包まれながら 落ちた梅を拾います。
卓球のピンポン球くらいの大きさの梅の実は、 少し力を入れると果肉に指がめり込んでしまうような柔らかさ。
果肉が柔らかくて皮が薄いという南高梅の特徴を生かせる状態で収穫されていきます。

圧倒的な職人のこだわり

  • 原料仕入れ・選別

    五代梅は紀州産南高梅のA級品で作られています。
    それには品質の高い原料梅干を仕入れる事が大切です。 当社の原料部員の選別の見極めは梅干業界の中でも特に厳しいと一目置かれています。

  • 洗浄

    樽貯蔵された梅を洗浄していきます。
    ここでも、皮破れや形の悪いものは選別されます。 洗浄には地下水を用い、紀州備長炭できれいに濾過された清水を使用しています。

  • 漬け込み

    年間約1,000万粒以上出荷されている紀州五代梅はこだわりの減塩製法を用いることでその美味しさを引出しています。 それは30年使い続けている漬液の中で、直接塩を抜く脱塩方法です。梅本来の味を損なわず濃厚な梅のエキスを存分に吸い込む事で種まで美味しい梅干しに仕上がります。
    そしてさらに、30 ~40日の漬け込みの間に3回に分けて味のせをしていきます。

  • 成分・官能・菌検査

    漬け込み30日後、品質管理室で調味液と梅干しを成分・官能・菌検査します。
    官能検査とは、検査官3名が梅干しの外観・色調・風味に異常がないか試食して確認する事を言います。

  • パック詰め

    検査をクリアした梅干しは、最終5度目の選別をし、計量、パック詰めと作業が進みます。
    パック詰めは機械ではなく、薄皮が破れやすいA級梅干しはすべて手作業で行われています。
    そして、きれいに化粧箱に入れられ、さらに梱包されます。

お客様のご感想

  • ご飯に梅干。最高のごちそうです。おじいちゃん、おばあちゃんも大好物です。
    奈良県 37歳 男性
  • 本当に大きな梅にびっくりしました。柔らかく酸味もきつくなく美味しくいただきました。
    静岡県 55歳 女性
  • 梅干は甘くてとても美味しかったです。梅干はちょっと苦手な主人も気に入ったようでした。お子さんでも食べられるのでぴったりだと思います。
    岐阜県 35歳 女性
  • 主人が絶賛しています!!おみやげと自分達の家に買わせて頂きました♪是非リピートしたいです☆彡
    兵庫県 22歳 女性

冬のキャンペーンにつき
1配送先毎に
3,240円以上お買い上げで

全国送料無料

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日


定休日のみメールの返信・商品の発送・お電話での対応をお休みさせて頂いております。

ページトップへ